女性のASD

女性のASD

架空の友達「イマジナリーフレンド」は大人にもある

わたしの中には、人格が2つある。これは昔からで、少し前まではそれをA面とB面と呼んでいた。 A面というのは、ふだん人と接するときのベースとなる代表者。B面は、普段は後ろ側に隠れているが、わたしという人間を構成する重要な要 […]

女性のASD

愛想がないと言われるので、自分の姿を撮影してみた

「愛想がない」「愛想が悪い」 わたしは人生のなかで幾度となくことの言葉を言われてきた。思えば子どもの頃からそうだっただろう。若い頃は「近寄りがたい」「怖い」などと言われていた。 大人になってからは、感じよく愛想よく振舞う […]

女性のASD

常識がわからなくなるとき

最近「常識がわからなくてこわい」という感覚になる。 これはときどき起こることで、わたしにとってはめずらしいことではない。あと、これがASDやADHDのせいなのかどうかもわからない。 でも、わたしにはときどき「自分がとんで […]

女性のASD

エネルギーの「生成」「補給」「合成」

昔から、元気がなくなったり、悩んでいたりすると、必ず誰かが「気分転換にどこかに行こう」「会おうよ!話ならいくらでも聞くよ」と言ってくれる。 そのたびに、自分が人に恵まれていることを痛感するし、人の優しさに触れる。 わたし […]